小川印刷ホームページ
ホームへ 会社案内 実績・作品へ 環境印刷へ ユニバーサルデザインへ お問い合せへ
 
環境デザイン
jump to environmental care
水なし印刷
jump towaterless printing
 
 
環境デザイン
environmental care
環境へ負荷をかけないよう、予め最適な設計をすることです。
資材はもちろん、工程面、技術面、運搬などトータルでご提案いたします。
環境に優しい用紙
■再生紙
再生紙はバージンパルプ(木材や非木材から直接作れられたパルプ)と古紙パルプ(既に紙となった古紙を原料にしたパルプ)が配合された紙のことです。
日本で使用が始まったのは、1980年頃からです。

■バガス紙
バガスはサトウキビの絞りカスのことで、フランス語が由来です。
今までは製糖工場で廃棄されていたバガスを、製紙原料として作った紙を【バガス紙】と呼びます。
世界で年間約1億トン発生しているバガスを原料にすることで、木材の消費を抑えることができます。

■ケナフ紙
ケナフはアオイ科フヨウ属の一年草で、春に種をまくと夏にはハイビスカスに似た花を咲かせます。
このケナフを製紙原料として作った紙を【ケナフ紙】と呼びます。
茎からは木材に似た良質な紙が作れるほか、成長が早いのが特長です。
二酸化酸素を一般的な樹木よりも多く吸収する為、環境保全植物としても注目されています。
水なし印刷マーク
ベジタブルインク
石油系溶剤をできるだけ減らして、大豆油、亜麻仁油、桐油、パーム油、ヤシ油、米ぬか油などの各種植物油に置換えたインキが植物油インキです。
植物油インキの基準に準拠したインキと、そのインキを使用した印刷物には植物油インキマークの表示が認められており、弊社でも使用しております。

>詳しくは印刷インキ工業連合会の公式サイトへ

水なし印刷ウェブサイト
エコカンパニーえどがわ

エコカンパニーえどがわは、「もったいない運動えどがわ」の事業所版です。
弊社はNPO法人えどがわエコセンターに登録をしており、省エネ活動等に取り組んでいます。

>詳しくは江戸川区の公式サイトへ

環境方針
《基本理念》
当社は、全社員が汚染の防止、法規制・倫理の遵守に努め、クリーンな環境作りのために、常に社内の改善に努力し、積極的にリサイクル・省資源化に取り組み、豊かで安全な社会の構築に寄与する「環境経営」を目指します。
《行動方針》
1. 当社製品で、材料におけるインキ・用紙・及びその他材料に係るものを、環境配慮製品として環境に与える影響を把握し、環境保全・改善を推進する。
2. 環境法規制、条例、及びその他の要求事項を遵守します。
3. 定期的、継続的に環境マネジメントシステムの改善を行う。環境保全に関し、当社及び職場の現状を正しく評価して適切な目標を定め、全社員が環境方針を理解し、意識の向上を図ります。
4. 省資源、廃棄物の適切管理・削除・リサイクル、グリーン購入を推進します。
5. 協力会社との連携を図り、環境保全の活動を推進します。当社は地域更に広く社会とのコミュニケーションに努め、社会の環境保全に貢献します。
重点管理項目
1. 廃棄物、不良品削減
2. 環境配慮製品の提案と受注
ページトップへもどる
水なし印刷
waterless printing
全米の印刷会社、機材メーカーなどを中心に開発された印刷技術です。
印刷時に出る有害物質を回避し、環境保全を推進しています。
水なし印刷マーク
水なし印刷とは?
湿し水を使わないので、有害物質を含む水が発生しません。版をつくる際有害な廃液が出ないので、処理液も循環式です。シリコンゴムを使い、ザラザラした紙でも美しい仕上がりです。
水なし印刷ウェブサイト
Waterless Printing Association(WPA)認証

1993年シカゴにおいて、環境保全を目的とし、WPAが発足しました。 当社は、厳しい品質基準をクリアし、2003年に正式取得いたしました。

>詳しくは日本水なし印刷協会の公式サイトへ

ページトップへもどる
日本WPAへ 国際ユニヴァーサルデザイン協議会へ ユニバーサルデザインフォーラムへ 共用品推進機構へ
求人 採用情報